マグネシウムの効果と効能

マグネシウムの基礎知識

マグネシウムの基礎知識

マグネシウムの基礎知識
マグネシウムの効果

マグネシウムの効果

マグネシウムの効果
マグネシウムサプリメント

マグネシウムサプリメント

マグネシウムサプリメント
酸化マグネシウム

酸化マグネシウム

酸化マグネシウム
その他のマグネシウム

その他のマグネシウム

その他のマグネシウム

マグネシウムの効果と効能

マグネシウムの知識を得よう!

マグネシウムの効果

マグネシウムというものは骨であったり、歯を形成していくのに必要となる栄養素なのです。大人の体というものは二十グラムから二十八グラムほど含まれており、カルシウムであったり、リンとともに体の骨をつくってくれるミネラルなのです。

では、どんな働きを持っているかというと、カルシウムというものは、そのほとんどの部分が骨に入っていて、骨がカルシウムの貯蔵庫の役割になっていることは、最近では広く知られているのですが、実はマグネシウムというものも五十から六十パーセントが骨に入っていて、体で不足してくると骨から染み出してきて、神経の興奮を抑える働きをしたり、もしくはエネルギーを作っていく補助をしたり、血圧を維持していくなどというような重要な働きをします。

では、いったいどのような食品にたくさん含まれているのでしょうか。それは、アーモンドなどのようなナッツ類、そして魚介類や海草類、または野菜類であったり、豆類といったものに多く含まれています。そして、日本人というのは歴史的に見てみても、マグネシウムがたくさん入っている未精白穀物であったり、植物性食品などといったものを摂取してきました。そして、現在にあっても穀物から非常に多くのマグネシウムを食物から摂取しています。

では、どれくらいの量をとったらいいのでしょうか。このマグネシウムというものは、ずっと長い間、摂取量していく量が不足してしまうと、骨粗しょう症であったり、心疾患、そして糖尿病などのような生活習慣病になってしまうリスクが、高まってしまう可能性があると言われています。

国民健康、栄養調査結果というものの調査結果によれば、最近の日本人というのは、年代として中学生くらいまでであれば必要となる量を摂取することができているのですが、しかしこれが、高校生以上の年代、そして働きざかりの年代となってくると必要量に対して少ないため、野菜などをしっかりととって、マグネシウムの摂取量を増やしていくことが望まれています。

そして、マグネシウムというものは通常の食品においては、とり過ぎてしまう心配はほとんどないのですが、健康食品であったり、サプリメントからによって、とり過ぎてしまった場合には、そのせいで下痢になることもあります。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) マグネシウムの効果と効能 All Rights Reserved